TOP / 軽食の惣菜・菓子パン / このページ

照焼ソース味で一枚肉を食べるグリルチキンバーガー

2013年06月02日

ヤマザキの「グリルチキンバーガー」を98円で購入しました。

グリルチキンに照焼ソースを付けてバンズでサンドしてあります。

やわらかい歯応えの一枚肉を照焼ソースの味で

照焼ソースが付いた、皮付きの一枚肉
直径9cm・厚さ1.5cmのバンズ2枚に、縦7cm×横4cm×厚さ1cmのグリルチキンがサンドされている。タレは照焼ソースとマヨネーズ。

バンズを開くまでは同社の「チキンナゲットバーガー」みたいに成型肉が使われていると思っていたのですが、意外にも皮付きの一枚肉でした。肉の部位は、恐らく安価な胸肉だと思います。

バンズごとチキンをかじってみると、何の抵抗もなく噛みちぎることができました。皮が噛みちぎれなかったり、筋張っていたりなどのトラブルを想定していたのですが、何事もなく拍子抜けでした。

味の方はというと、ヤマザキの「てりやきハンバーガー」「ランチパック てりやきハンバーグ」と同じ照焼ソースの味です。ただ、「グリルチキンバーガー」はマヨネーズの量が少ないので、前の二者に比べると照焼ソースの味が濃く感じました。

まとめると、「てりやきハンバーガー」のパティを一枚肉に変更して、マヨネーズを減らした感じのバーガーということです。100円バーガーなのに一枚肉、なおかつ柔らかくて食べやすい、という点が気に入りました。レシピが似通っている神戸屋の「デリぱん照焼チキンマヨ」と比較すると、ボリュームでは負けているものの、ゴージャスさでは勝っていると思います。ビバ!一枚肉。

カロリーは253kcalです。

posted by とも at 17:38 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。