TOP / 軽食の惣菜・菓子パン / このページ

味の方向性が定まらない、あらびきチョリソーソーセージ

2013年06月01日

Pascoの「あらびきチョリソーソーセージ」を98円で購入しました。

幅広パンの上にチョリソーソーセージを乗せて、ケチャップとマスタードソースを掛けてあります。

チョリソーの辛味・マスタードの味・ケチャップの味が中途半端な気がした

ソーセージ内には赤や黒の粒
長さ18.5cm・幅8.5cm・厚さ2.7cmの楕円型のパンに、長さ20cm・直径1cmのチョリソーソーセージが乗っている。ソーセージには赤や黒の香辛料の粒と、白い脂肪のかたまりが練り込まれている。ソーセージの両脇に、ケチャップとマスタードが1本ずつ別々に絞ってある。

パンの上にケチャップとマスタードが絞ってありますが、パッケージを開けた時の香りはケチャップの酸味臭が優勢に感じられました。

ケチャップを個別に味わってみると、トマトの酸味が来るのを想像していたのですが、実際には甘味(?)を感じました。続いてマスタードのみを味わってみると、辛味はほとんど感じませんが、辛子の香りが口の中に広がりました。辛子の種が大量に入っていますが、グニョグニョにふやけているため、食感は見た目ほどではありません。

チョリソーソーセージを単独で食べてみると、味わわずに流すように食べるとソーセージの塩っ気しか感じませんでしたが、良く噛んで食べるとソーセージ内から辛さが滲み出てきてピリ辛状態になりました。食感に関しては、たまに脂肪のかたまりが入っていて、その部分だけコリッとした食感があります。

ソーセージとソース類を同時に食べると、マスタードは存在感が無く、ソーセージの辛味とケチャップの甘味が相殺し合い、感じる味はソーセージの塩っ気がメインとなっていました。

ケチャップの味・マスタードの味・チョリソーの辛味、全てがどっちつかずで味の方向性が定まらず、イマイチに感じました。同じシリーズの「あらびきソーセージ」の方が、マスタード味に焦点が絞られているので、味わいやすいように感じました。

カロリーは287kcalです。

チョリソーソーセージ系の惣菜パン比較だと、チョリソーとサルサソースの辛い物同士で組み合わせてあるヤマザキの「まるごとチョリソーソーセージ」の方が美味しいです。

posted by とも at 17:51 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。